持続可能な わたしたちの 暮らしを
じわっと わくわく らららたのしく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ともに語り合い
互いに学び合い
そして、明日へ一歩、歩み出す
私たちが暮らす地球(自然環境)と安心安全な毎日(社会環境)のサステナビリティ(持続可能であること)を

私たちみんなで実現していくことをめざして必要な大枠を共有し、語り合い、毎日の生活に繋いでいくために

(社)サステナビリティ・ダイアログが挑戦するプロジェクトの愛称、それが「じわくら」です。

じわくら 学びの3本柱

わたしたちが暮らす地球のこと、地域のこと、各問題についてやるorやらないの議論でなく、どうやっていくのかを考えるための枠組みを

共有しましょう!

ひとりひとりにとって意味が異なる「サステナビリティ」に向かってみんなで進むのは、とても複雑なプロセスです。でも、私たちはひとりひとりの思いを紡いで進むことができます!

私たちみんなが幸せであることを実現していくためには?経済学者マックス・ニーフが提唱する経済成長に代わる社会発展の考え方をもとに基本的なニーズを満たすことを考えます。

 
じわくら 
2daysワークショップ

私たちが暮らす自然環境や社会環境が

今、私たちが望むように、

そして未来もずっと持続可能であるように、

どうやったらそれが叶うのでしょう?

私たちは何を望んでいるのでしょう?

自分らしく暮らしていくために必要なことって?

立ち止まって一緒に考えてみませんか。

おかげさまで終了しました

じわくら-Sustainability-上毛町'16

持続可能な私たちの暮らしをたっぷり感じ考え学ぶ3連休
 
 

じわくらは始まったばかりのチャレンジ。みなさんの力を借りて形づくられていくCo-Creation(共創)プロジェクトです。

サステナビリティはサイエンスの問題ではありません。私たちのあり方、意思決定のチャレンジだと思います。痛みや恐れに目を背けず、愛を持って向き合う。リスクをチャンスに変えていく。我慢でなく、ワクワクするポジティブなエネルギーに変えていくことが持続可能性の鍵だと信じています。

東 嗣了

株式会社SYSTEMIC CHANGE 代表取締役 

/ コンサルタント / コーチ

キャリアの多くの時間を、経済的成功・自己成長に向けて使ってきました。今でもこれは重要と思っていますが、これだけでは人生つまらないとも思っています。自分が気づいていない価値の探求ができるのではないかと思い参加します。

波多江 嘉之

じわくらプロジェクトは、(社)サステナビリティ・ダイアログがたくさんの方のお知恵とお力を借りながら進められています。みなさんの応援、どうぞよろしくお願いします!ワークショップでみなさんとお会いできることを楽しみにしております。お気軽にお問い合わせください。

 

この活動は                の助成を受けています。

2016  Sustainability Dialogue, Inc.

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now